メンズ

有名な観光地で不動産投資を始めよう|成功させるための秘訣

事業の安定性

説明

競争によるフィーの低下

日本では相続税の増税が行われたこともあり、相続対策として不動産を活用して事業をするケースが増加しています。一般人が事業を行うためには長期に渡って安定的に収益が確保できることが重要になっています。サブリースは不動産業者が開発された物件を長期に渡って賃借することになるため、事業主にとっては安心して事業に取り組める仕組みになっています。最近は不動産業者の競争が厳しくなってきているので、サブリースを契約の条件に提示するケースが増加しています。一般的にサブリースは事業主に代わって入居者を募集しますので、年間の賃貸収入の一定割合をサブリースのフィーとして設定します。フィーの割合が減少しているのが最近の傾向です。

長期契約が重要

サブリースでは契約期間とサブリースのフィーの水準の決定が重要になります。契約期間は長期になればなるほど資金調達が有利に行えることに繋がります。しかしながら長期間に渡ると経済変動の可能性が多くなるので、見直し条項が厳しくなるケースがあるので注意が必要です。一般的には当初の5年がフィックスで、その後定期的に見直しを行うことになります。この期間が長期に渡る場合には短くなるケースが多くなっています。フィーの水準については一割程度が一般的ですが、物件の立地や賃料水準によっても大きく異なるケースがあります。サブリース業者を決定する際には相見積もりを徴収して内容の比較検討をすることが有利な契約に繋がります。