メンズ

有名な観光地で不動産投資を始めよう|成功させるための秘訣

メリットと注意点

相談

お忙しい方に最適

一括借り上げの仕組みは、転貸借と似ています。具体的には、オーナーと不動産会社が対象不動産について、借り上げ契約を結びます。つまり、不動産会社が賃借人となって、物件の占有権を持ちます。そのうえで、不動産会社は、実際の入居者と賃貸借契約を結ぶという仕組みです。通常の賃貸借契約の間に仲介人として、不動産会社が入るイメージです。オーナーは、一括借り上げを行うことで、不動産運営について、不動産会社に任せることができます。したがって、入居者はオーナーの顔も知らない場合もあります。一括借り上げが持つ、オーナー向けのメリットは、大きく2点です。1点目は、管理の手間がかからないことです。オーナーは清掃やメンテナンス、入居者の募集などに手を煩わせることはありません。加えて、賃料の回収や、住民間のトラブル、クレーム処理なども任せることが可能です。2点目は、安定した賃料収入が得られることです。空室保証がされるため、オーナーは空室の有無に関わらず、月々安定したお金が手に入ります。このようなメリットから、一括借り上げは、仕事を持つ方や、家事や育児などで時間が足りない方からの人気が高くなっています。

家賃変動の可能性

一括借り上げで、最も注意すべき点は、家賃の変動という問題です。通常の賃貸借契約でも、周辺の家賃相場が上下した場合には、家賃に変動がおきます。一括借り上げの場合も、この現象が起こります。一括借り上げの場合、通常2年から10年くらいの間で、賃料の見直しというものが行われます。オーナーの収入に大きく関わってくる問題ですから、この確認作業には、時間をかけましょう。まず、借り上げ契約の際、家賃の見直しが何年目に行われるのか確認しておく必要があります。加えて、シミュレーションが大切です。借り上げ契約を結ぶ前に、類似の物件での実績をしっかり把握しておきましょう。リスク管理として、何年目にどれほど収入に変動が起きる可能性があるのかを確認しておかなければなりません。銀行などで、ローンを組んでいる場合は、返済計画にも影響が出ます。しっかり検証しましょう。契約後も、不動産会社と蜜に連携をとっておくことも大切なことです。これらのリスク管理に時間をかけ、しっかりと検証しておけば、一括借り上げは大いに効果的です。特に、空き家率の高いエリアでは、有効なものとなります。