メンズ

有名な観光地で不動産投資を始めよう|成功させるための秘訣

賃貸経営では入居率が重要

お金

入居率の良い物件の条件

マンションやアパートの賃貸経営を成功させるためには入居率を高くすることが大事です。入居率が高い賃貸物件の特徴は交通アクセスが良くて、買い物などの商業施設や病院や学校などの公共施設が近くにあります。このような立地で周囲に賃貸物件が少ないと、入居率は非常に高くなります。周囲に同じような賃貸物件がある場合は家賃相場を調べて、多少低めにすると入居者を確保することができます。家賃相場を調べるためにはインターネットの賃貸情報サイトを利用すれば、大体知ることができます。自分の所有する賃貸物件のエリアで検索して、同じ間取り、同じ築年数の部屋を探せばいいのです。最近の傾向として礼金や敷金をゼロにして集客している賃貸物件もありますので、家賃相場だけで判断しないようにします。

2月と3月の繁忙期が勝負

入居者の移動が多い時期には注意が必要です。特に2月から3月にかけては大学の新入生が部屋探しを始めますし、サラリーマンの転勤者なども部屋探しに動き始めます。この時期に入居者を確保しないと、最悪の場合は1年間空室になってしまいます。そうなると1年間まるまる家賃収入がなくなってしまいます。もし3月までに入居者が決まらない場合、4月の時点で思い切って家賃を下げる必要があります。または礼金や敷金をゼロにして集客します。実際に2月から3月にかけては需要が増えるので家賃相場も高くなります。入居希望者が見込めないと思ったら、その時点で家賃相場よりも下げてしまうのも一つの方法です。1年間無収入になるよりは、多少安くなっても家賃が入ってくる方がましです。